BLOG ブログ

オリーブオイルのプロが教える高級と低級のオリーブオイルとは

近年、もともと日本になかったオイルにも拘わらずすっかり食卓に欠かせない調味料になったオリーブオイル!
とはいえ市販の安いものから「高級」オリーブオイル!と本当に様々。
しかし、改めて考えてみると「高級」オリーブオイルってどんなものなんでしょうか?
今回はオリーブオイルの「高級」とはなんなのかお話ししてみたいと思います。

そもそも”高級なオリーブオイル”とは?

工業製品なら話は簡単です!スペックを上げたり、下げたりすることで「ハイクオリティ」「ロークオリティ」を簡単に実現出来ます。
では、食品において「高級」とはどんなものでしょうか?食品にスペックなってあるんでしょうか?
食品において「希少」はあります。それから「時間をかけて丹念に作る」とかは確かに「高級」といえるでしょう。ところが、オリーブオイルには「希少」や「丹念」はないんです。
どんなオリーブ果実も正しい製造工程を経れば全て“いいオリーブオイル”になります。逆に言えば正しくない工程を経ればロークオリティ「低級」なオイルになってしまいます。
つまりオリーブオイルにおいては「高級」ではなく、「低級」ならありえると言えるでしょう。

「低級」なオリーブオイルを作る理由

さて、その「低級」なオイルですが、どのように作るのでしょうか?また、なんで「低級」を作るのでしょうか?
理由は簡単です。つまりは経済的な理由からなんです。低価格商品を作り大量に売りたい!そのためには原材料費を抑える必要があります。純粋なオリーブオイルだとどうしても限界がある。
そこで安価な油と「ブレンド」して「カサ増し」すれば「低価格商品」の出来上がり!
これが「低級」ということです。

大事なのは正しい製造工程

「美味しいオリーブオイル」で「エキストラ」を冠するための酸度を低く抑えるために大事なのが製造工程です。
詳しくは
HOW TO MAKE MURADOのリンク
で解説していますが、
収穫からスピーディに工場に搬入して搾る!

低温で圧搾

酸化しづらい容器で保管
これが基本ですね。意外とシンプルかもしれません。

Muradoは「純エキストラバージンオリーブオイル」

Muradoは、この製造工程に加えて、オリーブの故郷中東の砂漠気候という厳しい環境が果実そのものをしっかり育ててくれてます。温室育ちより厳しい環境の方が強く逞しく育つ!ということです。
雨が少ないことも芳醇な果実を育てるには大事なポイントになります。
Muradoの「純オリーブオイル」、芳醇な香りと果実の自然な美味しさを是非お楽しみ下さい。

商品はこちら

まとめ

さて、今回は「高級」オリーブオイルの事をお話ししました。勿論「高級ブランド」としてブランディングしたものや収穫量が少ないから価格が高いという経済的な事情もありますが、どんなオリーブも正しく作ればみんな「いいオリーブオイル」になるはずです。むしろ「高級」より「低級」があるということを是非知っていただきたいと思います。