BLOG ブログ

本物のオリーブオイルとは?私たちのMuradoをおすすめする理由

健康維持やダイエットなど、身体に良いと言われているオリーブオイルですが、実はエキストラバージンオリーブオイルの偽装は世界中に蔓延しています。せっかく身体を考えて使っているのに、実は本物ではなかったらショックですよね。そこで、今回は本物のオリーブオイルとはどんなものなのかをお伝えします。

エキストラバージンオリーブオイルとは?

まず、オリーブオイルの定義をはっきりさせたいと思います。
オリーブの実を収穫しプレス(圧搾)して油分を抽出したものをオリーブオイル、ここは大丈夫ですよね。食用は必ず一番搾り!これをバージンオイルといいます。
ということは二番搾りもあるのかな?って思いますよね。搾りかすから更に薬品を使って抽出した油分が二番搾り、これは工業製品、主に石鹼に使います。

さて、搾ったオイル!これをどうランク付けするか?そこで純粋に酸度を測定して、
酸度0.8%以下のものをエキストラバージンオリーブオイルと呼んでいます。しかし、調べてみると日本では独自のJAS規格から酸度2.0%以下のものをエキストラバージンオリーブオイルと呼べるようです。随分と違いますよね!
よって基準の違いはあれど、酸度だけを測定してランク付けし、エキストラと付けるんです。
最高ランクのオリーブオイルということになります。
誤解がないようにエキストラでなければいけないというものではありませんが、なるべく
エキストラ、酸度0.8%以下のものを選びたいですよね。最高ランクですから!

偽物ではなく「ブレンド」されたオリーブオイル

本物というと「偽物」もあるの?
と気になることだと思いますが、「偽物」というわけではなく100%純オリーブオイルと、別の油を混ぜた「ブレンド」というものがあります。日本で流通している80%~90%のオリーブオイルは後者の「ブレンド」だと言われています。折角買うのに「ブレンド」だったとわかったら何か残念な気がしますよね?といえ、専門家でも「純粋」と「ブレンド」の判別は出来ないと言われています。ここが難しいところですよね。

「本物」のオリーブオイルの作り方

結局「純粋」なオリーブオイルで且つ、美味しいオイルとはどういうものか?という問いには「どのように作られたか?」が決め手になります。

「美味しいオイルは、美味しい果実からしか採れない!」
「オリーブオイルは果実ジュースだからね!」と生産者は言います。
まずは、農薬や化学肥料を使わずに果実を育てることから始まります。そして、なるべき傷つかないように採り、素早く圧搾機にかけオイルを作ることに尽きます。
その際のポイントは「低温圧搾」。
高温で圧搾すると沢山のオイルが採れますが、その分酸化します。
「低温圧搾」でないとエキストラバージンオリーブオイルを作ることは難しいでしょう。
こちらの製造工程も参考にしてみて下さい。

エキストラバージンオリーブオイルの製造工程 - 有限会社アラブジャパンインタープライズ

オリーブオイルは種類によって味が違う

オリーブオイルは搾り方や搾るタイミング、どんな品種かどこで育ったかでかなり味の違いが出来ます。もしかしたら誤解されているかもしれませんが、
「苦味があって、辛味があるのがフレッシュ!」と思っている方もいるかもしれませんが、
それは単に早摘みしているもので、正しいプロセスで作られたオイルはどんな味でも
「フレッシュ」です。味の違いは好みの違いなので「苦い」のが好きな方はBitter味、
「まろやか」な味が好きな方はMild味を選ぶといいでしょう。つまりオリーブオイルは味わいで選び、「純粋」なオリーブオイルかどうかは、
・酸度0.8%以下
・海外の認証を受けている
・品評会で受賞している
このあたりを参考にしつつ
最後はその「ブランド」への信頼!ということになるでしょう。

MuradoのオリーブオイルはIOC認定

私たちのオリーブオイルMuradoは、IOC認定かつ、ヨルダンにおけるオーガニック認証も受けている100%「純粋」なオリーブオイルです。産地が砂漠気候ということもあり、
「ギュッと」引き締まった味と風味豊かな香りが特徴で、まさにオリーブに適した気候と
正しい製造工程を経て作られたエキストラバージンオリーブオイルです。
3種類の味から選べて、どれも癖は少なく、サラサラでさっぱりしたオリーブオイルです。
ご自身の調味料として、また贈り物としても是非。

【完熟マイルド200ml / Murado(モラード) エキストラバージンオリーブオイル】

【早摘ビター200ml / Murado(モラード) エキストラバージンオリーブオイル】

【スペシャルブレンドレモン200ml / Murado(モラード) エキストラバージンオリーブオイル】